いんくらyochさんの日記

興味あることの忘備録

キャンプ旅のススメ どりくら

M5Stackによるコントローラの監視

チャージコントローラとBMSについてそれぞれ別々にモニターしていたものをM5Stackで合わせてするようにした。

モニターの内容はラズパイのInfluxDBに書き込んでいたので、これまでは内容の確認にWebブラウザを立ち上げて見る必要があったが、M5StackにすることでLCDに表示できるようになったので、ブラウザを開く手間が減ったのである。
旧版のモニター基板もバックアップ用として同時モニター版として作り直した。

GTIのUART出力

GTIの取説を見ていたら、RS485の通信機能があると書いてあったので興味本位でGTIを分解してみた。

コンデンサニチコン製である。
基板を確認してRS485のシルク印刷とランドがあったので線を半田付けして引き出してみた。
引き出した線をテスターで測ったところRS485でなく、ただのUARTのようなのでUSBシリアル変換器を付けてターミナル出力を確認したら、次のような表示であった。
f:id:yoch:20211114225612p:plain
簡体中文なので文字化けしているが、?功率=30Wと出ているところが、現在の出力設定値のようであり、パネルのVRと連動して変化する。
マイコンに取り込んで文字切り出しすれば、表示機能に使えそうである。
発電状況やバッテリ状態はそれぞれESPのマイコンでモニターしているが、M5Stackに統合するための作業中である。
取り込むか検討する。
f:id:yoch:20211114223101j:plain