いんくらyochさんの日記

興味あることの忘備録

ラズパイ4Bでserial/by-idが無くなる件

プリンタ3号機のcoreXYを起動させたところ、LCDが無表示でklipperがMCUと通信していない症状に出くわした。
初めはラズパイそのものか、ホストのDUEが壊れたのかと思って調べていたところ、/dev/serialの配下にはby-pathしか無いことが分かり、ラズパイとMCUであるDUEの接続が失われていることが判明した。
by-idでグーグル先生したところ4Bで同じ症状のブログを発見。リンク先のredditの記事を試行したところ復旧した。
lab.sasapea.mydns.jp
udevのrulesを書き換えるとのことで、以下のように修正した。
raspibianはbullseyeで、カーネルは6.1.21-v8+ #1642、udevは247.3-7+rpi1+deb11u2の状態である。

$ sudo cat /usr/lib/udev/rules.d/60-serial.rules
# do not edit this file, it will be overwritten on update

ACTION=="remove", GOTO="serial_end"
SUBSYSTEM!="tty", GOTO="serial_end"

SUBSYSTEMS=="pci", ENV{ID_BUS}="pci", ENV{ID_VENDOR_ID}="$attr{vendor}", ENV{ID_MODEL_ID}="$attr{device}"
# We already ran the hwdb builtin for devices with MODALIAS in 50-default.rules.
# Let's cover the remaining case here, where we walk up the tree to find a node with $MODALIAS.
ENV{MODALIAS}=="", SUBSYSTEMS=="pci", IMPORT{builtin}="hwdb --subsystem=pci"

# /dev/serial/by-path/, /dev/serial/by-id/ for USB devices
KERNEL!="ttyUSB[0-9]*|ttyACM[0-9]*", GOTO="serial_end"

SUBSYSTEMS=="usb-serial", ENV{.ID_PORT}="$attr{port_number}"

IMPORT{builtin}="path_id"
ENV{ID_PATH}=="?*", ENV{.ID_PORT}=="", SYMLINK+="serial/by-path/$env{ID_PATH}"
ENV{ID_PATH}=="?*", ENV{.ID_PORT}=="?*", SYMLINK+="serial/by-path/$env{ID_PATH}-port$env{.ID_PORT}"

IMPORT{builtin}="usb_id"
#ENV{ID_SERIAL}=="", GOTO="serial_end"
ENV{ID_USB_INTERFACE_NUM}=="", GOTO="serial_end"
#SUBSYSTEMS=="usb", ENV{ID_USB_INTERFACE_NUM}="$attr{bInterfaceNumber}"
SUBSYSTEMS=="usb", ENV{ID_BUS}="usb"
#ENV{.ID_PORT}=="", SYMLINK+="serial/by-id/$env{ID_BUS}-$env{ID_SERIAL}-if$env{ID_USB_INTERFACE_NUM}"
#ENV{.ID_PORT}=="?*", SYMLINK+="serial/by-id/$env{ID_BUS}-$env{ID_SERIAL}-if$env{ID_USB_INTERFACE_NUM}-port$env{.ID_PORT}"
ENV{.ID_PORT}=="", SYMLINK+="serial/by-id/$env{ID_BUS}-$env{ID_USB_SERIAL}-if$env{ID_USB_INTERFACE_NUM}"
ENV{.ID_PORT}=="?*", SYMLINK+="serial/by-id/$env{ID_BUS}-$env{ID_USB_SERIAL}-if$env{ID_USB_INTERFACE_NUM}-port$env{.ID_PORT}"
LABEL="serial_end"

$
$ sudo udevadm control --reload-rules && sudo udevadm trigger

リアサス周りの注油

年末の休みに入り、外も暖かいため、面倒なリアサス周りの注油を行った。

バラした結果、リンクステーのニードルベアリングのグリスが乳化していた。ベアリングはシールが付いているので、水の侵入はある程度防ぐ構造であるが、路面に一番近いところなので、雨水は入りやすいと思われる。
締め付けトルクは、サスの両端が50N、その他が78Nである。